FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

かがとびっ

秋になり また 冬になり ひとつ年をとった

2018秋アニメ中盤戦 

今期のアニメも中盤に差し掛かっているところ。
現在のところ楽しめている順に。

1.あかねさす少女
たぶんこれが一番に来る人はほぼいないと思われる。世界観はカオスで雑。作画も神作画と崩壊寸前の作画が入り交じり、こちらもカオス。キャラクターは魅力的。鉱石ラジオやウォークマンでいろいろな世界線を移動し、いろいろな自分たちに出会い、目標を達成して成長していく。何とも言えない惹きつけるものがあり、一番次の放送が楽しみである。

2.RELEASE THE SPYCE
たぶんこれが2番目に来る人も極めて少数だと思われる。月影という組織に在籍する6人の少女たちのスパイ(というか忍者っぽい)活動を描いたアクション活劇。こちらも世界観は割と雑でキャラクターが魅力的。緩い絵柄にもかかわらず結構えぐいこともやっており、今後のストーリー展開が待ちきれない。

3.うちのメイドがウザすぎる!
1.2は後述の作品が来るとして、これが3番目あたりに来る人は少しはいそうである。ロシア人美幼女の家に元自衛官で超有能なメイドがやってくる。このメイドが幼女好きのド変態であり、いろいろと騒動を巻き起こす。貴重な日常ギャグアニメで、完成度も高い。安心してみていられる作品である。

4.ゾンビランドサガ
これはもっと上にランクする人が多いと思われる作品。ゾンビになった少女たちが、佐賀の町おこしのためアイドルになって頑張るというとんでもない設定。なぜゾンビなのか?なぜアイドルなのか?なぜ佐賀なのか?という疑問を吹っ飛ばして、プロデューサーのマシンガントークは続く。面白い。

5.青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
これももっと上にする人が多いと思われる。思春期症候群という現象が起こった少女たちを主人公が救っていく。登場人物の関係性の設定等がしっかりしていて、仕事も丁寧で文句の付け所が少ない。この位置に置いたのは思春期の過ごし方を間違えた私のせいである。

6.となりの吸血鬼さん
純粋にかわいい作品。黒髪の少女が銀髪少女の吸血鬼に助けられ、一緒に住むようになる話。とにかくほのぼのとしており3のウザメイドより刺激が少ないがこれも安心してみていられる作品。

7.色づく世界の明日から
綺麗な作品。魔法使いの家に育った色の見えない少女が祖母に60年前に飛ばされ、写真美術部に入って祖母と再会し仲間たちと青春する。まだどういう方向に転がるかわからないが、完成度は高い。

8.やがて君になる
繊細な作品。これも1位や2位に挙げる人が多そう。女子生徒会長が生徒会の手伝いをしに来た女の子を気に入る話。人間関係の距離感などの作りが非常に丁寧。この位置に置いたのは私が悪い。

9.転生したらスライムだった件
異世界転生もの。通り魔に刺された男性が異世界にスライムとして転生するときに様々なスキルや特性を覚え、無双する作品。2クール作品らしく今のところのんびりとゴブリンたちの村を作っている。スライムが万能なため変なストレスはない。

10.アニマエール!
きらら系作品。チアリーディングをする少女たちを描く。楽しい作品のため作画がもうちょっと良ければ、もう少し上に行けたかも。

11.ベルゼブブ嬢のお気に召すまま
ベルゼブブ嬢のかわいさをゆるゆると楽しむ作品。

12.ひもてはうす
ショート枠。特殊能力を持ったシェアハウスの住人が、もてないことを悩んだり、野球したり、大喜利したりする。意外と面白い。

13.寄宿学校のジュリエット
二つの派閥に分かれた学校の、派閥の長同士が禁断の恋に落ちる。これもこの位置なのは私が悪い。作品はよくできている。

14.異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~
ハイレベルな飯テロ。美味そうだからよし。

15.メルクストーリア - 無気力少年と瓶の中の少女 -
良くも悪くも空気。なんとなく見てる。

16.CONCEPTION
主人公が12人の巫女と子作りをして遺跡の汚れをはらう。狸が邪魔でエロなのか何なのかわからない。狸が悪い。

17.18.閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-・ガイコツ書店員 本田さん
視聴が追いついていない。すまない。

19.俺が好きなのは妹だけど妹じゃない
2話で作画が大崩壊。観るに堪えず断念。内容も同系統の再放送の「エロマンガ先生」の方が面白い。

20.ソラとウミのアイダ
1話で世界観・キャラクター・ストーリーすべてが悪い風に絡み合い、ある意味衝撃だった。ここまで視聴意欲をなくす第1話が存在することを知って驚いた。

・自分が恋愛ものが苦手で、B級アニメが好きなことが分かった。
・作品としてレベルに達してないものがあることを知って驚いた。(下2つ)
・SSSS.GRIDMANはこれから見る。
web拍手 by FC2
アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

よなかのれいじにハーレムを!! 1巻 

Amazonでkindle漫画にめぼしいものがないか漁ってると小島あきら先生原作のものを発見!
即、ポチりました!
小島あきら先生と言えば『まほらば』で有名な方、『まほらば』と言えば自分史の中で3本の指に入るほど心に響いた作品です。
そして小島あきら先生と言えば病弱で有名な方、『まほらば』執筆中の15年ほど前からずっと健康不安があり、その後執筆を開始した『まなびや』は1巻で休筆、同時期に連載を開始した『わ!』も終盤を無理やりまとめるような形で3巻で終了。これが2011年のこと。
その後は2015年2016年に読み切りで、ほんの少し登場しただけと、常に病気と闘いながらの活動だったようです。

そして本作。原作のみとはいえネームまではされているようで、しかも久々の連載漫画!
『わ!』 は4コマ漫画でしたから、普通のストーリーや背景のある漫画は『まなびや』以来10年ぶりになります。これだけで涙ものです。

内容は主人公・夜中野零時がゴスロリ少女の姿をした霊の姿を視認してしまうところからスタート。霊は自分と唯一コミュニケーションをとることができたのが零時とその母親だけだったことから、零時が子孫をたくさん残せば自分を認識してくれる人が増えるのではないかと思い、零時にいろいろな少女をくっつけようとする、ハーレム計画を立てるというもの。

主人公は今流行りのやれやれ系ですが自称・一匹狼の割には、他人の不幸を見過ごせない性格。名前のセンスが雑なのは小島あきら作品では珍しいことではありません。

そして美少女の霊は計画のためには手段は選ばず、自重せず。ハーレム要員候補の詳細をまとめた「ラブノート」はえげつないほどの情報と、あふれ出る感情を一切隠すことなく記入しており、いろいろな意味でやばいものになっています。

ハーレム要員の女の子は今のところ3人。どの子も小島あきら先生の作品らしい特徴のある性格になっています。特に1人目のフグちゃんは人気が出そう。あと何人か増えるようなので絶賛期待。

基本的に救いのない話や、暴力系、エロ系に走らないと思うので安心してみられる作品です。時々出てくるえげつない表現や、ゲームネタは小島あきら作品の特徴です。ラブノートに出てくる明↔暗・秩↔乱グラフは古き良き時代の女神転生系のネタw

作画の香澤陽平先生も小島あきら作品っぽい絵なので割と違和感なし。これからも期待できます。

何より小島あきら先生が無事に活動できるまで回復されていることに感謝です。
Twitterも精力的に更新されているようなのもうれしいです。

web拍手 by FC2
漫画  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

久しぶりにアニメ見てる。 

2018年夏クールもあと2~3話。久しぶりにがっつりアニメ見てます。
いつもは0~2作品くらいなのですが、今期は再放送分、録画しておいた分も入れて7作品。
楽しめている順に列記。

1.ハイスコアガール
'90年代アーケードラブコメディーと銘打たれた作品。
主人公のゲーム馬鹿、矢口春雄と、ゲームセンターの格ゲーで圧倒的な実力を見せる箱入りお嬢様の大野晶、ゲーム一筋の春雄に想いを寄せる日高小春の3人の人間模様をアーケードゲームを背景に描く。
主人公が私と同じ1979年生まれの設定(学年は私より1つ下)ということで、思いっきり世代直撃の作品である。
私は当時のゲーセンに行ったことはほとんどないが、中学校の頃、馬鹿な友達がいて、学校内でスト2をやったり駄菓子屋の筐体くらいは触ったことがあるので懐かしさに浸れるところがいい。
ラブコメとしての質も極めて高く、今のところ一番、次の放送日が楽しみなアニメである。

2.はるかなレシーブ
ビーチバレーを主題にした作品。
長身がコンプレックスだけど前向きで明るい大空遥と、身長が伸びずまたいろいろなことが重なりビーチバレーから離れていた比嘉かなたの「はるかな」ペアを中心に描かれる。
沖縄を舞台とした、爽やかで健康的にエロい作品で、かなたをはじめ面倒くさそうな性格の女の子が登場するものの、遥の明るさで大体解決するので視聴後の後味がいい。
センスのいいBGMも爽やかさに大きくプラス。
試合描写、背景描写も丁寧で、なんといっても女体描写へのこだわりは並々ならぬものを感じる。それだけでも十分だ。

3.ゆるキャン△
冬クールにすごい売り上げを記録した作品の録画。
冬のキャンプというあまりにもニッチなところを突いてきた作品。
とにかく丁寧に作られているのがわかる。キャンプ飯の作画は極上の飯テロ。
絶妙な距離感で描かれる人間関係や、ためになるキャンプのハウツー、スマホを活用した表現の新しさなどすべてがハイセンス。
BGMも心地よく、10~15分の体感時間で30分が経過しているという恐ろしい作品。
冬クールにリアルタイムで観られていたら、今期のラインナップに入れても1位になっていたであろう傑作。

4.あそびあそばせ
華子、香純、オリヴィアの3人の女子中学生が百合百合しく、日本の遊びを紹介していく。
と思ったら大間違いで実際はサイテーなアニメ(誉め言葉)である。
お金持ちで勉強もできる華子は控えめに言って常に狂っており、大人しそうに見えるメガネ少女香純も時々あり得ないほど狂う。エセ外国人オリヴィアは何かが足りなくて脇からスパイシーな匂いを発している。
下ネタ、パロネタ何でもありで、常に放送コードギリギリを攻め続け、時々軽くオーバーしている。
また華子役の声優さんの怪演が凄まじく、この作品に命を懸けているようにすら感じられる。
とにかくぶっ飛んだアニメである。

5.すのはら荘の管理人さん
乳である。えっと中学生になったのを機に男らしくなろうとしている主人公の椎名亜樹くんを年上の女性登場人物ほぼ全員がおもちゃ扱いして堕落させるおねショタ物である。
管理人さん彩花(CV:佐藤利奈)、その妹菜々、その友達2名は亜樹にエロいことをしまくる。亜樹と同じすのはら荘に住む生徒会3人組も会長の柚子を除いて亜樹を男扱いしていない。
まことにけしからん。生まれ変われるなら亜樹になって管理人さんにいろいろ管理されたい人続出の作品である。

6.ゆらぎ荘の幽奈さん
少年ジャンプ連載のハーレム作品のアニメ化である。
平均的なクールならこれくらいでも十分一番面白いと思えると思うのだが、このクールはすごい作品が多く、埋もれてしまってるというか、ラッキースケベだけでは弱いというか、なんというか物足りない。
いや、決して悪い作品ではないのだが。作品全体としてのエロさはトップクラスだし。

7.ウマ娘 プリティーダービー
前クールの覇権アニメの再放送。
実在した競走馬の名前を持ったウマ娘たちが勝利をかけて、芝の上を疾走する。
主人公はダービー馬スペシャルウィーク。もう一人の主人公はレース中の故障で安楽死となったサイレンススズカ。
この作品の舞台となっている1998年~1999年といえば私自身、結構テレビで競馬中継を見ていたころで、武豊のダービー初制覇、沈黙の日曜日もリアルタイムで見ていた記憶があるため世代的にも間違ってない。
にもかかわらず、トレーニングのシーンも、レース本番のシーンもあまり燃えない。どうしても女の子の駆けっこレベルを超えてこない。サラブレッドのロマンに対してはウマ娘の頑張りも無力であると感じてしまう。
前クールは他がよっぽど小粒だったのかと思えてしまう。

web拍手 by FC2
アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

石川ミリオンスターズ2018年前期 

おおよそ5年ぶりの石川ミリオンスターズの記事です。
2018年前期BCリーグ西地区は福井ミラクルエレファンツ信濃グランセローズが最後の最後まで優勝争いをする中、石川ミリオンスターズは一足早く16勝16敗2引分で一足早く日程を終了しました。

まずはチームの投手成績。今年は特に打高投低の傾向が顕著な中、防御率4.59は富山GRNサンダーバーズ福井ミラクルエレファンツには一歩譲りますが、10球団中6位と可もなく不可もなくといったところです。

チーム別投手成績

もう少し詳しく今度は個人成績を見てみます。

先発陣は4勝を挙げているエース永水投手、防御率3位につける近藤投手、怪我から復帰した石川投手、ほか飯野投手、矢舗投手、内田投手、更には最終戦で初勝利を挙げた中根投手と、厳しい連戦になっても何とか他チームに比べ頭数が揃っているため安定したローテーションを組めているようです。

リリーフ陣は先発が6回持てば7回・中島投手、8回・藤岡投手、9回・横山投手という多少不安はあるものの、勝利の方程式を組めるという点で他チームに比べても遜色ない戦いができています。

伊藤投手、有吉投手も防御率5点前後のため、いろいろな場面での登板が予想できる貴重な戦力となっております。
特に有吉投手は、昨年は四死球マシーンと言っていいほどストライクが入らなかったのが、今期はかなりの改善が見られているようです。

唯一、森野投手は前期は残念な結果に終わりましたので、後期の巻き返しに期待したいです。

チーム別投手成績(石川)

一方の野手陣、チーム打率は.278とまずまず、盗塁66はリーグトップ、犠打も32とリーグ2位タイ、そして失策27はリーグ最少タイとここまでは素晴らしいのですが、問題点は一点のみ、
ホームランが少ない!!
東地区ですが群馬ダイヤモンドペガサスが1試合7本塁打の記録を作る中、チーム本塁打が前期終了で7本!(しかも、うち何本かはランニングホームラン)
四死球や内野安打や敵失で出たランナーを犠打や盗塁で進め、シングルヒットで1点ずつ取るという、慎ましい攻撃を余儀なくされています。

チーム別打撃成績

こちらも個人成績を詳しく見ます。打席数の少ない山崎選手を除けば、全員が.200以上。さらに小林捕手を除けば、全員.250~.320の間にいる、どこからでもチャンスの作れるスキのない打線と言えます。
守備も、ほぼ二塁手でフル出場に近い入谷選手がいまだ2失策なのをはじめ目立った穴はありません。

問題は、やはり重度の長打力不足。チーム打点王が主に1・2番を打っていた神谷選手、3位が下位打線を打っていた入谷選手といったところに問題の根深さを感じます。
そしてチームホームラン王が中山選手・金山選手の2本ずつ…。他チームに1試合に4本打った選手もいる中、あまりにも寂しいです。

チーム別打撃成績(石川)

投手陣は昨年からメンバーがガラリと変わり、新戦力の出来次第では厳しい結果が予想された中、特に永水投手、近藤投手、横山投手が素晴らしい活躍を見せてくれたおかげで、なんとか前期を5分の星で終えられた感じです。

野手陣は逆に昨年とほぼ変わらないメンバーで臨むことができ、それぞれの選手が攻守にレベルアップしている感じです。

後期に向けて福井ミラクルエレファンツ富山GRNサンダーバーズは積極的に補強を進めています。信濃グランセローズも投手陣が復調してくれば前期よりも更に強いチームになってくるでしょう。滋賀ユナイテッドBCも前期は振るいませんでしたが、このままでは終われないでしょう。

後期に向けて選手を補強できるなら、外国人選手でも、元NPB選手でも、NPBからの派遣選手でも、在野に眠っている選手でもとにかくだれでもいいので、ホームランを打てる選手(守備位置は外野がベター。DH専門でも可)をお願いします!

頑張れミリスタ
web拍手 by FC2

テーマ: 野球全般 - ジャンル: スポーツ

ナナマルサンバツ QUESTION 85 感想 

当記事は6/4発売のヤングエース7月号掲載『ナナマルサンバツ』QUESTION 85の感想です。
コミックウォーカー派や単行本派の方にはネタバレとなりますのでご注意を。

全国大会SQの1Rはとりあえず波乱なく、文蔵及び文蔵と関係の深いチームもすべて勝ち残り、いよいよ2R開始。
2Rのルールは限定50問のリレー形式。各自持ち点1からスタート。早押し1問正解で1ptずつ追加。4人の点数の積が100以上になったすべてのチームが勝ち抜け決定。
細かいところは大野さんと笹島が解説してくれるので割愛。

まずは死の組、第一組がスタート。
これまでの実績となんとなくのイメージから実力は
開城>ルイージ>宮浦≧樟女>麻ヶ丘>>北海南といったところか。

開城は 近衛→柴田→大蔵→深見(兄)の順番かな?
ルイージは リーダーの南しか名前がわからん。
宮浦はおそらく 御来屋→江住→梅本→芦屋の順番。
樟女は 真堂(姉)→真堂(妹)→もう一人→悠来の順番か
麻ヶ丘は 九条→上月→朝比奈→苑原(姉)の順番で間違いなさそう。
北海南は おそらく一人の名前も出ることはないだろう。

テンポよく問題が進んでいき、横一線のスタートの後、飛び出したのは宮浦・御来屋。
丁度、全チームが第2走者にバトンを渡したところで今号分は終了。
ポイントは 宮浦6pt、麻ヶ丘4pt、開城3pt、ルイージ3pt、樟女3pt、北海南2pt。

宮浦は残り3人で、3・3・2ptでクリアできる。江住・芦屋が2問ずつ答えるとして、梅本は1問だけでOKの計算。これはさすがに有利。
麻ヶ丘は残り3人で、3・3・3ptでOK。上月がブレーキにならなければもしかするといけるかも。最終的には苑原(姉)vs樟女・悠来が最後の1枠を懸けて対決しそう。
3pt組の3チームは残り3人で4・3・3ptが必要。誰に4pt(3問)答えさせるかがカギになりそう。
北海南は残り3人で4・4・3ptでも届かない。5・5・2、5・4・3、4・4・4のいずれかのポイントが必要。この時点で脱落決定だろう。

最終予想 開城→宮浦→ルイージ→樟女(ここまでの4チーム通過)→麻ヶ丘→北海南

ついでに第二組予想
実力は、これも何となく、
帝山・河>>帝山・森>近クイ≧文蔵≧北Q部>>桜川という感じか。

通過予想は、帝山・河→帝山・森→文蔵(ここまでの3チーム通過)→北Q部→近クイ→桜川
ただこちらの組は天満兄弟や北Q部が、苑原(弟)のようなルールのスキを突いた戦いをするはずで、帝山・森チームあたりが危ないかも。

そして文蔵はどんなオーダーでいくか、予想は、深見(妹)3pt→越山4pt→井上2pt→笹島5ptの120pt通過。

ものすごい数の登場人物が出てくるこの漫画、作者の人を描き分ける画力が素晴らしいので、ストレスなく読めてます。
これが『キャプテン翼』の…いや、もはや何も言うまい。



web拍手 by FC2
漫画  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top