FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

かがとびっ

元気ビンビン、化学天秤!@病床

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

2018個人的アニメランキング 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
昨年は自分史上最多のアニメを観ました。
例によって楽しめた順に。

1.宇宙よりも遠い場所
冬クールのアニメ。4人の女子高生が南極を目指す。
その過程、そして目的地・南極で衝突したり友情を深め合ったりしながら人間として成長していく。4人のドラマと同じく大人たちのドラマも描かれており、脚本の質が極めて高い。
1クール・13話の使い方が抜群。各話に盛り上がる場面があり、それが次の話に続いていく。
青春ものというジャンルとあまり好みでは無いキャラデザインから敬遠していたが、見始めるとその完成度の高さに圧倒される。
涙腺がやばくなった場面が多数。目立った粗もなく文句なく今年のNo.1作品。
・お気に入りキャラ:三宅日向

2.ゾンビランドサガ
秋クールのアニメ。ゾンビになった少女たちがアイドルになって佐賀の町興しをする。
割と勢いでごまかされる感はあるが、脚本は練りこまれており、笑いあり涙ありの構成になっている。
ライブシーンの映像、楽曲の質の高さ、ジャンルの広さは圧巻。
登場人物のキャラもたっており、飽きさせない作り。
続編を期待させる終わり方だったが、個人的にはこのまま何もなかった方が伝説になれると思う。
・お気に入りキャラ:ゆうぎり

3.ゆるキャン△
冬クールのアニメ。女の子たちが、12話の間キャンプしてるか、キャンプの準備してるかのどちらかという思い切った作品。
作品全体の空気感が終始心地よい。何度でも見たくなるような魅力がある。それがBDの売り上げにつながったのだろう。
原作も面白いのだが、映像化に失敗していたら、BDの売り上げが1/10になっていてもおかしくない印象。
原作付きの作品では今年のNo.1作品。
・お気に入りキャラ:志摩リン

4.RELEASE THE SPYCE
秋クールのアニメ。6人の少女たちが悪の組織と闘うスパイもの。
設定は緩く、脚本も雑、作画も所々怪しい。世間の評判もいまいちである。
それでも高評価なのは、キャラクターがデザインを含め魅力的であり、ストーリーも最終盤までどう転ぶかわからない面白さがあったことが要因。ラストもすっきりと終わらせたのも好印象。
・お気に入りキャラ:半蔵門雪

5.ハイスコアガール
夏クールのアニメ。アーケードゲームを背景に描かれるラブコメ。
世代的にぴったりで、作品の質も高く楽しめた。
終わり方が続編ありきで、一番盛り上がったところで切れてしまった点が大きなマイナス。
・お気に入りキャラ:大野晶

6.はるかなレシーブ
夏クールのアニメ。ビーチバレーを扱った作品。
全編水着回。いわゆるきらら系にしては珍しいスポ根もの。
最後まで爽やかに描き切った。
・お気に入りキャラ:比嘉かなた

7.やがて君になる
秋クールのアニメ。百合もの。
繊細な原作の魅力を殺すことなく描き切った。
原作との兼ね合いでどうしても切りの悪いところで終わらなければならなかったのは仕方ない。
2期につながってほしいと切に願う。
・お気に入りキャラ:叶こよみ

8.となりの吸血鬼さん
秋クールのアニメ。吸血鬼が出てくるけど、ほのぼの日常系アニメ。
きらら系っぽいけど別雑誌。
まったりとかわいかった。
・お気に入りキャラ:ソフィー・トワイライト

9.スロウスタート
冬クールのアニメ。きらら系。
画の動きが滑らかで素晴らしかった。時々出てくる過激な表現は個人的に歓迎。
9話の水着回は神回。
・お気に入りキャラ:百地たまて

10.あそびあそばせ
夏クールのアニメ。ギャグアニメ。
とにかく規格外のぶっ飛び方だった。
最後の2話が失速気味だったのが残念。
・お気に入りキャラ:本田華子

11.あかねさす少女
秋クールのアニメ。少女たちが並行世界を旅したり、変身して戦ったりする。
なんとなく『RELEASE THE SPYCE』に似ている印象。放送局が限られていたりグッズ展開がなかったりアプリゲームの終了が決まったりと不遇。
何気に金沢が舞台のアニメ。個人的に結構お気に入りだった。
・お気に入りキャラ:シリアスカ

12.色づく世界の明日から
秋クールのアニメ。2078年の世界から2018年の世界に魔法で飛ばされた少女の物語。
雰囲気は最高クラス。仕事も丁寧。安心のP.A.WORKS製。
少しインパクトが薄かったか。
・お気に入りキャラ:風野あさぎ

13.からかい上手の高木さん
冬クールのアニメ。高木さんが西片をからかって喜ぶラブコメ。
高木さんが完璧超人過ぎるところが少し苦手だった。
EDで高木さんが懐メロをカバーするのが良かった。
・お気に入りキャラ:西片

14.青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
秋クールのアニメ。思春期症候群という現象が起きた少女たちを主人公が救っていく。
アニメの出来は今年でも5本の指に入ると思う。この場所に置いたのは私が悪い。
終わり方が続編ありきだったのがマイナス。
・お気に入りキャラ:双葉理央

15.うちのメイドがウザすぎる!
秋クールのアニメ。ロシア系美幼女の家に元自衛官の変態メイドが押し掛ける日常ギャグ系。
中盤に出てきたもう一人の変態メイドみどりんがちょっと苦手だった。
前半は最高クラスの評価だったけどちょっと下がった。
・お気に入りキャラ:鴨居つばめ

16.アニマエール!
秋クールのアニメ。チアリーディングをする少女を描くきらら系。
メンバーが出揃った中盤からだんだん面白くなってきた。
作画の動きが少なく地味な印象になったのが残念。
・お気に入りキャラ:舘島虎徹

17.すのはら荘の管理人さん
夏クールのアニメ。おねーさんたちが少年にいろいろと手を出すおねショタ系。
何かに目覚めそうだった。
結構楽しめた。
・お気に入りキャラ:雪本柚子

18.ウマ娘 プリティーダービー
春クールのアニメ。ウマ娘という実在の競走馬の名前を持った少女たちが走る。
評判はいいけど自分には合わなかった。
アプリはいつスタートするのだろうか。
・お気に入りキャラ:ゴールドシップ

19.ひもてはうす
秋クールのアニメ。ショート枠。シェアハウスに住む、もてない女たちの叫び。
野球したり、大喜利したり、銭湯であえぎながら仮想通貨について熱く語ったりとめちゃくちゃ。
結構面白かった。
・お気に入りキャラ:本郷たえ

20.ちおちゃんの通学路
夏クールのアニメ。エクストリーム登校コメディ。
ザ・低予算という感じだったけど原作コミックをそろえさせるくらいの力はあった。
最後に尺を余らせて、予告編とNGシーンを流したのは新しかった。
・お気に入りキャラ:野々村真奈菜

21.ゆらぎ荘の幽奈さん
夏クールのアニメ。ハーレム系。
エロかった。それだけ。
BDでは湯気や光が消えているらしく売り上げがよかったようだ。
・お気に入りキャラ:宮崎千紗希

22.CONCEPTION
秋クールのアニメ。主人公が13星座の巫女と子作りをする。
狸が悪い。
最後まで同じテンションでいったのはよかった。
・お気に入りキャラ:ユズハ

23.ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。
秋クールのアニメ。ベルゼブブと従者のミュリンを中心としたゆるい作品。
特に印象に残っていないが、視聴は完走できた。
・お気に入りキャラ:アザゼル

『転生したらスライムだった件』はまだ途中なので対象外。視聴を断念した作品も7本ほどある。未視聴も2作品ある。
今年もいい作品に出会えますように。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

2018秋アニメ中盤戦 

今期のアニメも中盤に差し掛かっているところ。
現在のところ楽しめている順に。

1.あかねさす少女
たぶんこれが一番に来る人はほぼいないと思われる。世界観はカオスで雑。作画も神作画と崩壊寸前の作画が入り交じり、こちらもカオス。キャラクターは魅力的。鉱石ラジオやウォークマンでいろいろな世界線を移動し、いろいろな自分たちに出会い、目標を達成して成長していく。何とも言えない惹きつけるものがあり、一番次の放送が楽しみである。

2.RELEASE THE SPYCE
たぶんこれが2番目に来る人も極めて少数だと思われる。月影という組織に在籍する6人の少女たちのスパイ(というか忍者っぽい)活動を描いたアクション活劇。こちらも世界観は割と雑でキャラクターが魅力的。緩い絵柄にもかかわらず結構えぐいこともやっており、今後のストーリー展開が待ちきれない。

3.うちのメイドがウザすぎる!
1.2は後述の作品が来るとして、これが3番目あたりに来る人は少しはいそうである。ロシア人美幼女の家に元自衛官で超有能なメイドがやってくる。このメイドが幼女好きのド変態であり、いろいろと騒動を巻き起こす。貴重な日常ギャグアニメで、完成度も高い。安心してみていられる作品である。

4.ゾンビランドサガ
これはもっと上にランクする人が多いと思われる作品。ゾンビになった少女たちが、佐賀の町おこしのためアイドルになって頑張るというとんでもない設定。なぜゾンビなのか?なぜアイドルなのか?なぜ佐賀なのか?という疑問を吹っ飛ばして、プロデューサーのマシンガントークは続く。面白い。

5.青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
これももっと上にする人が多いと思われる。思春期症候群という現象が起こった少女たちを主人公が救っていく。登場人物の関係性の設定等がしっかりしていて、仕事も丁寧で文句の付け所が少ない。この位置に置いたのは思春期の過ごし方を間違えた私のせいである。

6.となりの吸血鬼さん
純粋にかわいい作品。黒髪の少女が銀髪少女の吸血鬼に助けられ、一緒に住むようになる話。とにかくほのぼのとしており3のウザメイドより刺激が少ないがこれも安心してみていられる作品。

7.色づく世界の明日から
綺麗な作品。魔法使いの家に育った色の見えない少女が祖母に60年前に飛ばされ、写真美術部に入って祖母と再会し仲間たちと青春する。まだどういう方向に転がるかわからないが、完成度は高い。

8.やがて君になる
繊細な作品。これも1位や2位に挙げる人が多そう。女子生徒会長が生徒会の手伝いをしに来た女の子を気に入る話。人間関係の距離感などの作りが非常に丁寧。この位置に置いたのは私が悪い。

9.転生したらスライムだった件
異世界転生もの。通り魔に刺された男性が異世界にスライムとして転生するときに様々なスキルや特性を覚え、無双する作品。2クール作品らしく今のところのんびりとゴブリンたちの村を作っている。スライムが万能なため変なストレスはない。

10.アニマエール!
きらら系作品。チアリーディングをする少女たちを描く。楽しい作品のため作画がもうちょっと良ければ、もう少し上に行けたかも。

11.ベルゼブブ嬢のお気に召すまま
ベルゼブブ嬢のかわいさをゆるゆると楽しむ作品。

12.ひもてはうす
ショート枠。特殊能力を持ったシェアハウスの住人が、もてないことを悩んだり、野球したり、大喜利したりする。意外と面白い。

13.寄宿学校のジュリエット
二つの派閥に分かれた学校の、派閥の長同士が禁断の恋に落ちる。これもこの位置なのは私が悪い。作品はよくできている。

14.異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~
ハイレベルな飯テロ。美味そうだからよし。

15.メルクストーリア - 無気力少年と瓶の中の少女 -
良くも悪くも空気。なんとなく見てる。

16.CONCEPTION
主人公が12人の巫女と子作りをして遺跡の汚れをはらう。狸が邪魔でエロなのか何なのかわからない。狸が悪い。

17.18.閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-・ガイコツ書店員 本田さん
視聴が追いついていない。すまない。

19.俺が好きなのは妹だけど妹じゃない
2話で作画が大崩壊。観るに堪えず断念。内容も同系統の再放送の「エロマンガ先生」の方が面白い。

20.ソラとウミのアイダ
1話で世界観・キャラクター・ストーリーすべてが悪い風に絡み合い、ある意味衝撃だった。ここまで視聴意欲をなくす第1話が存在することを知って驚いた。

・自分が恋愛ものが苦手で、B級アニメが好きなことが分かった。
・作品としてレベルに達してないものがあることを知って驚いた。(下2つ)
・SSSS.GRIDMANはこれから見る。
web拍手 by FC2
アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

久しぶりにアニメ見てる。 

2018年夏クールもあと2~3話。久しぶりにがっつりアニメ見てます。
いつもは0~2作品くらいなのですが、今期は再放送分、録画しておいた分も入れて7作品。
楽しめている順に列記。

1.ハイスコアガール
'90年代アーケードラブコメディーと銘打たれた作品。
主人公のゲーム馬鹿、矢口春雄と、ゲームセンターの格ゲーで圧倒的な実力を見せる箱入りお嬢様の大野晶、ゲーム一筋の春雄に想いを寄せる日高小春の3人の人間模様をアーケードゲームを背景に描く。
主人公が私と同じ1979年生まれの設定(学年は私より1つ下)ということで、思いっきり世代直撃の作品である。
私は当時のゲーセンに行ったことはほとんどないが、中学校の頃、馬鹿な友達がいて、学校内でスト2をやったり駄菓子屋の筐体くらいは触ったことがあるので懐かしさに浸れるところがいい。
ラブコメとしての質も極めて高く、今のところ一番、次の放送日が楽しみなアニメである。

2.はるかなレシーブ
ビーチバレーを主題にした作品。
長身がコンプレックスだけど前向きで明るい大空遥と、身長が伸びずまたいろいろなことが重なりビーチバレーから離れていた比嘉かなたの「はるかな」ペアを中心に描かれる。
沖縄を舞台とした、爽やかで健康的にエロい作品で、かなたをはじめ面倒くさそうな性格の女の子が登場するものの、遥の明るさで大体解決するので視聴後の後味がいい。
センスのいいBGMも爽やかさに大きくプラス。
試合描写、背景描写も丁寧で、なんといっても女体描写へのこだわりは並々ならぬものを感じる。それだけでも十分だ。

3.ゆるキャン△
冬クールにすごい売り上げを記録した作品の録画。
冬のキャンプというあまりにもニッチなところを突いてきた作品。
とにかく丁寧に作られているのがわかる。キャンプ飯の作画は極上の飯テロ。
絶妙な距離感で描かれる人間関係や、ためになるキャンプのハウツー、スマホを活用した表現の新しさなどすべてがハイセンス。
BGMも心地よく、10~15分の体感時間で30分が経過しているという恐ろしい作品。
冬クールにリアルタイムで観られていたら、今期のラインナップに入れても1位になっていたであろう傑作。

4.あそびあそばせ
華子、香純、オリヴィアの3人の女子中学生が百合百合しく、日本の遊びを紹介していく。
と思ったら大間違いで実際はサイテーなアニメ(誉め言葉)である。
お金持ちで勉強もできる華子は控えめに言って常に狂っており、大人しそうに見えるメガネ少女香純も時々あり得ないほど狂う。エセ外国人オリヴィアは何かが足りなくて脇からスパイシーな匂いを発している。
下ネタ、パロネタ何でもありで、常に放送コードギリギリを攻め続け、時々軽くオーバーしている。
また華子役の声優さんの怪演が凄まじく、この作品に命を懸けているようにすら感じられる。
とにかくぶっ飛んだアニメである。

5.すのはら荘の管理人さん
乳である。えっと中学生になったのを機に男らしくなろうとしている主人公の椎名亜樹くんを年上の女性登場人物ほぼ全員がおもちゃ扱いして堕落させるおねショタ物である。
管理人さん彩花(CV:佐藤利奈)、その妹菜々、その友達2名は亜樹にエロいことをしまくる。亜樹と同じすのはら荘に住む生徒会3人組も会長の柚子を除いて亜樹を男扱いしていない。
まことにけしからん。生まれ変われるなら亜樹になって管理人さんにいろいろ管理されたい人続出の作品である。

6.ゆらぎ荘の幽奈さん
少年ジャンプ連載のハーレム作品のアニメ化である。
平均的なクールならこれくらいでも十分一番面白いと思えると思うのだが、このクールはすごい作品が多く、埋もれてしまってるというか、ラッキースケベだけでは弱いというか、なんというか物足りない。
いや、決して悪い作品ではないのだが。作品全体としてのエロさはトップクラスだし。

7.ウマ娘 プリティーダービー
前クールの覇権アニメの再放送。
実在した競走馬の名前を持ったウマ娘たちが勝利をかけて、芝の上を疾走する。
主人公はダービー馬スペシャルウィーク。もう一人の主人公はレース中の故障で安楽死となったサイレンススズカ。
この作品の舞台となっている1998年~1999年といえば私自身、結構テレビで競馬中継を見ていたころで、武豊のダービー初制覇、沈黙の日曜日もリアルタイムで見ていた記憶があるため世代的にも間違ってない。
にもかかわらず、トレーニングのシーンも、レース本番のシーンもあまり燃えない。どうしても女の子の駆けっこレベルを超えてこない。サラブレッドのロマンに対してはウマ娘の頑張りも無力であると感じてしまう。
前クールは他がよっぽど小粒だったのかと思えてしまう。

web拍手 by FC2
アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

HDDがパンク状態につき。 

38回目の誕生日!おめでとう私!ありがとう私!
というわけで古いものは捨てていかねば。
4年間持ったHDDレコーダーもいつ限界を迎えてもおかしくないということで、
皆様のご意見を参考にして消化していこうと思います。










とりあえず右側においておきます。投票待ってます。
web拍手 by FC2
アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

アニメ視聴日記23 

・みなみけ ただいま
第12話「一年の計は元旦にあるらしい」


正月~節分の回。晴れ着の帯を引っ張ってくるくる×3。冬馬は兄のお下がりなのか袴着用。

南家で餅を食べてくつろぐ内田。その内田を温水プールに連れて行き、だらけた体を晒し物にする夏奈。だが千秋の方がたるんでいたというオチ。

後半は新学期。冬休みに京都に行っていたリコの関西弁が周りに伝染。

そして雪合戦で小学生組から集中砲火を受ける夏奈。最後には春香にも豪速球をぶつけられる哀れな夏奈。あとは節分を知らないマコちゃんが豆をまいたり。
などいろいろあったが最後の春香の「だーめ」が全部持って行った!

第13話(最終回)「ここだけの話はここだけで」

春のお花見回。花粉症っぽい症状で苦しむ内田とマコちゃんが、同じくアレルギーに苦しむ千秋を調べるため南家に行ったところ、原因は花見に行きたくて仕方なく、しつこく千秋に絡んでくる夏奈だった。

球蹴り番長藤岡が、キックの正確さとタイミングの悪さを発揮。頑張れ藤岡!そして責任を取れ藤岡!

速水先輩の保坂への今回の課題はソラマメ。保坂をうまく操ってソラマメと春キャベツのペペロンチーノをゲットする速水先輩が流石!あと保坂の料理は無駄においしそう!

ここだけの話は周りに広まりやすいということで、とっておきの花見の場所と日程をここだけの話と言って広める夏奈。なかなか人が来ず焦るが、春香と千秋が来て、その後もどんどん人が集まってきて第4期登場人物全員集合エンド!これは素晴らしかった!
そして一人、豪華弁当を持って別の場所で花見の保坂。こちらもさすがです!


夏奈を中心に、個性豊かなキャラをバランスよく描いていたと思います。作画も割と安心・安定。第5期もここが作る「みなみけ」の続編を期待します!

・お気に入りキャラ:速水
メインキャラでは夏奈、その他ヒトミ、内田。男ではナツキ、藤岡あたり。

・お気に入り回:第7話「残暑お見舞い申し上げます」
大団円の最終話、軽いホラーだった第8話も面白かった。
web拍手 by FC2

テーマ: 見たアニメの感想 - ジャンル: アニメ・コミック

アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。