03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

かがとびっ

秋になり また 冬になり ひとつ年をとった

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ヒトカラ日記「女性の曲を原曲キーで!」 

昨日、仕事が早く終わったので 2カ月ぶりにヒトカラ 行ってきました。(その代わり今日は出勤だったが…。)

いつものランチセットで昨日は¥1,190なり。5時間粘って48曲

採点は95点越えが7曲、90点未満が3曲と、喉の調子がやや悪く、さらに初めて歌う曲が多かった割ににまとまった感じ。

全国うたランキングも40000位前後から12000位前後にアップ!

今回の最高点は 96.680点 ロマンスカー/村下孝蔵
またまたまたこの曲です!せき込んで声が裏返ってグダグダでしたが今回もこれ!

今回は男性曲14曲・女性曲34曲(しかもほぼ原曲キーでいきました!)
完全な両声類まであと一歩です。歌った主な曲。

93.778点 1万メートルの景色/小松未歩
・今回数少ない1位曲(1位/4人)鳥人間コンテストのEDテーマにも使われたさわやかな曲。

94.507点 気球が虹を越えた日/RYTHEM
・RYTHEMは好きだった女性デュオ。過去形なのは解散してしまったのと、初期の歌は好きだったが末期の歌はそうでもなかったため。
1stアルバムはまさに「青春」って感じで、2ndアルバムは「幻想的」で共に捨て曲がないほどの出来だったが、3rdアルバムは「どこかで聞いたような恋愛曲集」という感じでむしろもう一度聴きたいという曲が1~2曲のみ、4thアルバムに至っては3rdアルバムの色を濃くした感じで初期の輝きは完全になくなっていた。
歌ったのは2ndアルバムの中の1曲。(1位/2人)

95.488点 フェルトのペンケース/森恵
・アニメ『キテレツ大百科』のEDテーマだったと思う。しっとりしたいい曲なのに流れる映像は児童向けのもの。作曲は来生たかおさん(3位/12人)

94.721点 大事 Da・I・Ji/佐伯美愛/白石涼子
・アニメ『まほらば』のOPテーマ。まほらばは私のバイブル!(4位/29人)

95.580点 リルラ リルハ/木村カエラ
・初めて木村カエラの曲を歌った。思ったより高得点!次は「Butterfly」辺り行きますか。(11位/286人)

93.646点 ラムのラブソング/松谷祐子
・ヒトカラでも歌った後、後悔する曲があると知った。宴会芸には使えるかも。(26位/563人)

93.483点 そばかす/JUDY AND MARY
・キーが高くテンポが速く転調が多く難易度高しも、大学時代から何百回も聞いていると覚えてしまうもの。(63位/3271人)

90.763点 Sparkling Daydream/ZAQ
・アニメ『中二病でも恋がしたい!』OPテーマ。これ難しいよ!邪王真眼に目覚めるには至らず(229位/1866人)

93.457点 春 ~spring~/Hysteric Blue
・唯一、声が完全に裏返った曲。原曲キー高すぎ!得点は頑張ったと思う。(269位/1853人)

95.106点 ゆずれない願い/田村直美
・アニメ「魔法戦士レイアース」のOPテーマ。歌いやすいためか得点の割に順位は伸びない(302位/1546人)

92.668点 JUDY AND MARYメドレー1 ~パワー全開~/JUDY AND MARY
・最後に集大成として歌ったメドレー(2位/65人)

(※但し三十路のおっさんが声を張り上げ歌っています!)

これからも暇があったら励みます。励みます!

あと在庫2個、お急ぎください。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
カラオケ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

検索キーワード 3 

検索キーワード 続き

力士の四股名を英訳すると中二病っぽくなる。 関連

「中二病 相撲の四股名」
・”天鎧鵬”が十両以上ではNO.1でしょうか。
「双大竜 ツインドラゴン」
・FF3に”2ヘッドドラゴン”っていましたね。強かった覚えがあります。
「外人力士 四股名」
・幕下ですが”大砂嵐”がワムウの必殺技みたいでかっこいいです。
「力士 名前 強そう」
・個人的にはかなり前の力士ですが”鬼雷砲”がいい感じです。

「事件記者トトコ!」1巻・感想 関連

「丸山薫 漫画家」
・Flash使いやイラストレーターとしての経歴は長い丸山薫先生。漫画家としてはデビューしたばかり、ファンとして一層の活躍を期待します。
「事件記者トトコ 1巻 感想」
・正直な感想100点満点で85点くらい。流石と思わせるところも、もう一歩なところもありながら、絵のうまさもあり、ここまでのところ良作だと思います。
「"大暗黒仮面"」
「アレニェ トトコ」
・トトコのターゲット大暗黒仮面と、その従者アレニェさん。結構キャラが立っているのでファンが多そう(特にアレニェさんの方)。

姓名判断  関連

「姓名判断 最悪 離散 孤立」
「姓名判断 家庭運 災厄」
「外運14画」
「さんの人運は20画の凶!」
「姓名判断で薄幸と言われた」

・未婚の女性でしたら結婚しましょう!男性でしたら強く生きてください!大丈夫!下には最悪の運勢の元首相がいますから!
「外運 姓や名が1文字の場合を除く」
・その辺の画数の数え方には流派によって違いがあるようですね。

センバツ組み合わせ決定 関連

「浦和学院 組み合わせに恵まれた」
・確かに恵まれてはいましたが、決勝戦での戦いを見るに、本当に強かったようですね。

「アタック25」新戦法の提案  関連

「アタック25 2問目」
・オープニングから2問連取したら迷わず斜めに走りましょう!

ヒトカラ日記 関連

「ヒトカラ日記」
・骨折したり、会社が忙しかったり、学生の春休みシーズンだったりでめっきり行けてません。そろそろ邪王真眼を発現させたい!
「金沢市 ヒトカラ」
・平日の昼間だと店の人も嫌がらないようです。というか一緒に行きませんか?(切実)
「村下 モザイク 意味」
・少なくとも猥褻図画・映像の一部を隠すための碁盤目状の覆いのことではないと思われます。

人生初骨折! 関連

「人生初 骨折」
・仲間発見!カルシウム摂って強く生きていきましょう!
「化学骨折」
・これ下顎骨折のことだよね!

その他(アニメ感想など)関連

「みなみけ 寿司 藤岡 千秋 2000円」
・タケルおじさんはある意味勝ち組。
「ワムウ素描」
・ワムウは武人として尊敬していましたが、ここにはありません。
「ナナマルサンバツ」
・今、一押しの漫画。単行本派なので御来屋VS識の結果は知りませんが、敗者復活は御来屋or識や真理や明良では話が冗長になりそうだし、井上やその他モブキャラじゃつまらないしということで、戦える実力があってもとことん不運な新名部長あたりが勝ち上がってほしいと思います。
「乳びっさ無料アニメ」
・なんじゃこりゃー!
web拍手 by FC2
雑記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

検索キーワード 2 

書くことがなくなったときの味方 検索キーワード 前回から1ヶ月半。皆さんはどのような単語を調べて、このサイトにたどり着いたのでしょうか?

今日は 石川ミリオンスターズ関連!

「ミリオンスターズ キャラクター」
・スタ坊ですね。機動力に欠けるのが玉に瑕です。
「石川ミリオンスターズ 上柿元」
・ショートのレギュラーを取ってます。打率.262 十分及第点です。
「納谷嶺太」
・笹沢が復帰するまで正捕手確定です。頑張れ!
「石川ミリオンスターズ カーター」
・シーズンに入ってからは苦戦気味(打率.182)ですが4番DHはこの人しかいません。
「上柿元俊弘」
・なぜか人気のこの選手。俊足好打です。
「カルドサ・タッカー」
・ホーム開幕戦先発で4回を投げ無失点も登録抹消中。怪我などなければいいのですが。
「石川ミリオン秋山 和哉」
・笹沢が復帰するまで、2番手捕手です。相手の盗塁を阻止できると出番が増えそう。
「片田敬太郎 横浜」
・去年までミリスタのコーチをされていました片田さんですね。トレーナーとして横浜DeNAに栄転となりました。
「大久保裕貴 宇都宮」
・大久保選手は2番バッターとして打率.400を残していますが、宇都宮には関係はなさそうなので別人かと思われます
「独立リーグ 平田陸」
・先日、自由契約が決定しチームを離れることになりました。3年間お疲れ様でした!
「ミリスタ 選手 2013 松田」
・今年は松田選手が2人います。左腕の翔太選手。大砲候補の駿甫選手です。潜在能力にかけましょう!
「石川ミリオンスターズ 笹沢」
・チームの攻守の要もシートノック中に投球が当たり無念の骨折離脱中です。復帰は5月以降になるとのこと。それまで全選手で頑張れ。
「2013石川ミリオンスターズ背番号」
・公式ページで確認しましょう。
「2008年 遊学館 谷口貴之」
・谷口選手は、遊学館高校時代から俊足好打の遊撃手として期待されていたようです。現在打率は低いもののリーグトップタイの3盗塁!
「南和隆」
・南和彰投手と名前がかぶるため登録名は「タカ」になりました。現在は控え内野手のようです。
「深澤 ミリオン コーチ」
・笹沢選手の離脱で深澤コーチが現役復帰してもおかしくない状況になってきました。できれば納谷選手にホームベースを守ってほしいところ。

一番多かったのは「石川ミリオンスターズ 上柿元」数では圧倒的でした!今年の私は上柿元選手を特に重点的に応援していきたいと思います。
web拍手 by FC2
雑記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ミリスタ・開幕戦&ホーム開幕戦 

後列:佐野さんピッカリボール・前列:左から陽介選手・山出コーチ・片田コーチサインボール・BCL公式球
4月13日、いよいよBCリーグが開幕しました!
新潟3-0群馬
信濃5-2富山
福井3-3石川


石川ミリオンスターズの開幕戦はアウェイで福井ミラクルエレファンツ戦。昨シーズンの北陸地区王者です。

ミリスタ先発は、絶対的エース南投手!相手投手はオリックスからBCリーグに派遣された山崎投手。
試合は押され気味で南投手失点→小倉選手タイムリーで同点→南投手2失点目→8回に代わったマルティネス投手1失点で1-3で9回表へ。
ここまで好投の山崎投手、代わった藤井投手を攻め2アウト満塁。ここで途中出場の石突選手が2点タイムリーヒット!3-3の同点に!最後は木田投手が締め、引き分けスタートでした!
負け試合を何とか引き分けに持ち込めたのは大きい。

続いて4月14日
新潟2-5群馬
信濃2-6富山
福井0-0石川


続いてホーム開幕戦、足の骨折のため無念の、自宅パソコンで公式とツイッターでの観戦。
4,251人を集め色々な催し物もあった模様、行きたかった!
試合は両チームチャンスをものにできずスコアレスドロー!
投手陣はタッカー、高、翔太、マルティネス、木田のリレー。やはり投手は万全です。
問題の打撃陣は得点圏には毎回のようにランナーを進めるものの、併殺、残塁の山を築き、この日は無念の引き分け。相手が四死球を出しエラーもあったりでくれたチャンスは、きっちりと何が何でもものにしないと、今後厳しくなってきそうです。

全チーム2戦ずつを終え石川福井が2引き分けで並び、新潟群馬信濃富山は1勝1敗で並び、現在のところ横一戦です!

2試合を終えて打率は石突1.000・富永.500・大久保.429・カーター.400・谷口.333・納谷.286と悪くない選手が多く、打率の低い選手も打席で粘り四死球で塁に出ています。盗塁も谷口3個・佐藤1個・上柿元1個とまずます多くエラーも1個のみ。

投手陣は上々、チーム防御率1.42・奪三振12・四死球4はトップの数字です。

問題は残塁24・併殺4の数字。投手を中心とした守りはできているので、あとはミリスタらしく少ないチャンスで畳みかける打線が戻ってくればいい結果が出ると思います。

頑張れミリスタ!

さて、前の記事で選手枠のことに言及しましたが、早くも平田選手が自由契約になったようです。甘いマスクと華麗な守備で人気のあった平田選手ですが、同じポジションのライバルが多く、足や打撃などが特に売りだったわけでもなかったため構想から外れたのでしょう。3年目で今期にかける思いは強かったと思われるだけに残念です。今までお疲れ様でした!

さて空いた1つの枠ですが私は深澤コーチの選手復帰が堅いのではないかと思います。
福井との1試合目、納谷・秋山両捕手は4盗塁を許しています。
また笹沢選手が怪我から戻ってくるまで捕手2人態勢では不安が残ります。
出場するかは別として捕手・深澤がベンチにいるだけでも安心感があると思われます。

森監督の投手復帰はそのあとでぜひ実現してほしいです!
web拍手 by FC2

テーマ: 野球全般 - ジャンル: スポーツ

ミリスタ・オープン戦を終えて 

ルーゴ選手サイン入りスタ坊
・オープン戦結果(ミリスタ関係)

3月24日 石川3-1富山 南投手、好投!木田投手、初登板初勝利!松田選手ホームラン! 

3月27日 石川0-1富山 タッカー投手5回までパーフェクト!

3月29日 石川8-5福井 木田投手2勝目!高投手2セーブ目!打ち勝つ!

3月30日 石川2-7富山 森監督登板も炎上!1回3失点!

4月4日 石川12-1富山 南、高、翔太、松山と万全の投手リレー!打線も絶好調!

4月6日  石川7-5信濃 新外国人カーター様!弾丸場外ホームラン!ロマン投手も好投!

4勝2敗 1試合平均 5.3得点 3.3失点

オープン戦1試合も観戦できませんでした。公式サイトや各所ツイッターを元に。

投手陣は一応全員一通り登板、とくに南投手が例年通りの力を見せているようで安心。
先発陣ではラバーン投手がやや打たれているがたぶん大丈夫。タッカー投手ロマン投手も控え、翔太投手、松山投手まで層は厚い!中川投手、篠崎投手、上條投手もいて投手には困らないと思われる。
救援陣は、中継ぎ木田投手、抑え高投手でいいのかな?

正捕手、笹沢選手がキャンプ中の骨折で復帰は5月以降になるとのことで、納谷選手が当面正捕手になりそう。復帰まで秋山選手も貴重な控えとしての重責を担ってほしい。

混戦の二遊間は谷口選手、上柿元選手が1歩リード、タカ選手が追いかける。
三塁手は松下選手か?二遊間とここの争いに遠山・平田の移籍組が加わる。
一塁手は佐藤選手、松田選手の争いになりそう。

外野は中堅手は小倉選手、残りを大久保・富永・石突の3選手が争う形になりそう。

DHは膝がある程度良くなればカーター選手で決定!それまでは松田選手、石突選手あたりの争いか?


カーター選手・ロマン選手が入団したことで選手の数が上限の27人に到達!
これ以上増やすことができなくなりました。
すなわち今後、自由契約等で選手が減らないと、夢の投手森監督や、万一のための深澤バッテリーコーチの選手復帰や、せっかく参加してくれた練習生・枳穀選手の登録ができない状況です。
戦力としてボーダーライン上にいる選手たちは、危機を感じて練習・プレイしてほしいです。

開幕まで4日を切り最終準備段階、頑張れミリスタ!
web拍手 by FC2

テーマ: 野球全般 - ジャンル: スポーツ

アニメ視聴日記23 

・みなみけ ただいま
第12話「一年の計は元旦にあるらしい」


正月~節分の回。晴れ着の帯を引っ張ってくるくる×3。冬馬は兄のお下がりなのか袴着用。

南家で餅を食べてくつろぐ内田。その内田を温水プールに連れて行き、だらけた体を晒し物にする夏奈。だが千秋の方がたるんでいたというオチ。

後半は新学期。冬休みに京都に行っていたリコの関西弁が周りに伝染。

そして雪合戦で小学生組から集中砲火を受ける夏奈。最後には春香にも豪速球をぶつけられる哀れな夏奈。あとは節分を知らないマコちゃんが豆をまいたり。
などいろいろあったが最後の春香の「だーめ」が全部持って行った!

第13話(最終回)「ここだけの話はここだけで」

春のお花見回。花粉症っぽい症状で苦しむ内田とマコちゃんが、同じくアレルギーに苦しむ千秋を調べるため南家に行ったところ、原因は花見に行きたくて仕方なく、しつこく千秋に絡んでくる夏奈だった。

球蹴り番長藤岡が、キックの正確さとタイミングの悪さを発揮。頑張れ藤岡!そして責任を取れ藤岡!

速水先輩の保坂への今回の課題はソラマメ。保坂をうまく操ってソラマメと春キャベツのペペロンチーノをゲットする速水先輩が流石!あと保坂の料理は無駄においしそう!

ここだけの話は周りに広まりやすいということで、とっておきの花見の場所と日程をここだけの話と言って広める夏奈。なかなか人が来ず焦るが、春香と千秋が来て、その後もどんどん人が集まってきて第4期登場人物全員集合エンド!これは素晴らしかった!
そして一人、豪華弁当を持って別の場所で花見の保坂。こちらもさすがです!


夏奈を中心に、個性豊かなキャラをバランスよく描いていたと思います。作画も割と安心・安定。第5期もここが作る「みなみけ」の続編を期待します!

・お気に入りキャラ:速水
メインキャラでは夏奈、その他ヒトミ、内田。男ではナツキ、藤岡あたり。

・お気に入り回:第7話「残暑お見舞い申し上げます」
大団円の最終話、軽いホラーだった第8話も面白かった。
web拍手 by FC2

テーマ: 見たアニメの感想 - ジャンル: アニメ・コミック

アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

アニメ視聴日記22 

・ラブライブ!
第11話「最高のライブ」


μ'sの人気も世間に広まり、ついにラブライブの出場圏内19位にランクアップ!
廃校撤回も間近だと感極まる穂乃果が、学園祭のライブで最後の追い込みをと意気込む!
講堂の利用をかけたくじ引きは外れ、いつも練習している屋上でライブをすることに。
意気込みのあまりオーバーワークになりライブ前に風邪をひく穂乃果。しかも当日の天気は大雨。1曲歌ったところで穂乃果が倒れる。

第12話「ともだち」

結局ライブは中止。理事長もこれを重く受け止め、ラブライブへの参加も取りやめに。
落ち込む穂乃果だが、もう一つの目標「学校の存続」は決定!
パーティーを開いて喜ぶメンバーたちを後目に、浮かない顔のことりと海未。
海未の口からことりが2週間後に留学することが告げられる。突然のことに穂乃果は驚きことりを問い詰めるが、ことりも穂乃果に相談したかったけれども学園祭のライブの件でできなかったと打ち明ける。
その後もう一度最後にライブをしようと提案するメンバーに対して、自責の念から自暴自棄になり「スクールアイドル辞めます!」と宣言してしまう。海未の平手打ちが飛んできて重すぎる空気の中、次回・最終回へ。

第13話(最終回)「μ'sミュージックスタート」

結局μ'sは活動休止。それぞれ元の生活に戻るメンバーたち。海未は弓道、絵里・希は生徒会、真姫は一人でピアノ、にこは凛と花陽を誘ってアイドル部を続ける。
穂乃果はクラスメイト(3人組モブ)に誘われ、街に出て気晴らしするも、ゲーセンのダンスゲームで高得点を出してしまう。
いつも通りの練習をするにこ達や、絵里の穂乃果に勇気をもらったという言葉に心を動かされ、初めてライブをした講堂に海未を呼び出し「私、まだアイドルがやりたい!」と宣言!
海未に促され、ダッシュで空港で出発間近のことりを引きとめ「一緒にアイドルを続けたい」
ことりも引きとめてほしかったので直帰し、講堂でライブ!
μ'sは活動を再開し大団円で幕。

13話の中にμ'sメンバー9人の個性が随所に見え、熱いところもあり面白かった!!
ただラスト3話がいやな重たさの空気だった上、穂乃果が身勝手すぎると思われても仕方ない印象だったのが残念!
ラブライブ参加か、廃校決定か、ことり留学か、どれかが実現してもよかったかと思う。
当初は一番どーでもいいというか、どーしようもない印象だった、にこが終始一貫してアイドルとして、名目上とはいえμ'sのリーダーとして頑張っていたのが好印象だった!

・お気に入りキャラ:矢澤にこ
次点は希、次に真姫あたり。穂乃果はラスト3話で評価がガタ落ち!

・お気に入り回:第10話「先輩禁止!」
一番楽しそうだったこの回で。単に水着回が好きなだけかもしれない。
web拍手 by FC2

テーマ: 見たアニメの感想 - ジャンル: アニメ・コミック

アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

アニメ視聴日記21 

・たまこまーけっと 第12話(最終回)「今年もまた暮れてった」

王子様「メチャ・モチマッヅィ」登場に、テンションが上がりすぎる商店街の方々。
一方で誰もいない商店街を見て、母が亡くなった時を思い出し、悲嘆にくれるたまこ。
デラや友達に慰められ、商店街が自分の大切な場所だと話すたまこを見て、デラは王子にたまこをあきらめるよう直訴、そしてたまこもお妃になることを正式にお断り。チョイも占ってないことを告白。王子も快く納得。みんないい人(鳥含む)だ。

そしてチョイと王子が帰国。かんなの金づちはもらっても、たまこのメダルはさすがに受け取れないチョイ。お返しに折り鶴をプレゼント。

残ったデラはいろいろあって、もち蔵からたまこへの誕生日プレゼントの中に紛れ込むことに。プレゼントを開封しデラを見て歓喜するたまこ。盛りだくさんでも無理なく詰まっていて心温まる最終回でした。

最後まで派手さはなかったものの、ハズレ回がなく安定感があった。良作でしょう。

・お気に入りキャラ:牧野かんな

・お気に入り回:第8話「ニワトリだとは言わせねぇ」
web拍手 by FC2

テーマ: 見たアニメの感想 - ジャンル: アニメ・コミック

アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

アニメ視聴日記20 

・閃乱カグラ 第12話(最終回)「超秘伝忍法」

飛鳥と焔の戦いに陰と陽、二つの超秘伝忍法書を手にした道元が乱入。忍び結界で2人を隔離。
私利私欲で、蛇女、さらには忍者界全体を牛耳ろうという悪忍のボス道元。

今まで戦っていた蛇女と半蔵の共闘がスタート。結界の外でカラクリ忍者と戦う8人。
柳生と未来が傘を取り換えて戦うところが良かった。

そして秘められた雲雀の念話能力で飛鳥と焔にメッセージを送り、パワーアップした飛鳥と焔が、超秘伝忍法で道元を撃破!

破れた道元は蛇女を爆破して逃げようとするが凛に阻まれ、一緒に炎の中へ。
蛇女5人組も残された生徒を助けるため城の中へ消えていく。

最終話は駆け足&詰め込みすぎでしたが、勢いがあって2期もにおわせるような終わり方でした。

それにしても、主人公の飛鳥の成長が、イベントとしてほとんどなかったのが残念でした。
焔との戦いの尺が足りなかったのでしょうか。
他の生徒(蛇女含む)の個性が豊かだっただけにもったいなかった。

・お気に入りキャラ:葛城

・お気に入り回:第11話「決戦天守閣」
web拍手 by FC2

テーマ: 見たアニメの感想 - ジャンル: アニメ・コミック

アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

アニメ視聴日記19 

・ビビッドレッド・オペレーション 第12話(最終回)「ビビッドレッド・オペレーション」

れいを呑みこんで、れいの羽根の力を手に入れて、全宇宙をも支配できる力を得たカラス。なぜもっと早い段階で実行に移さなかったのか疑問。
もっと前なら、れいの羽根ももっとたくさんあったのに。

勝率0%の相手を前に、あかねはひまわり→わかば→あおいの順にドッキングし外殻を破壊(ドッキング後は一人ずつ脱落)最後は中にいた、れいとドッキングし『ビビッドレッド・オペレーション』(タイトル回収)武器は「ビビッドパンチ」という原始的な技でカラスに勝利。

そしてなぜか、れいの世界も元に戻り、なぜか、ドアが現れ、なぜか、れいが持っていた鍵でドアが開き、れいとしばしのお別れに。

前半のカラスのたわごとに時間を使ってしまったため、後半のバトルは飛ばし気味で、後日談はダイジェスト。健次郎、元に戻る。母親退院。そしてれいとの再会。

最後までグダグダでした。

・お気に入りキャラ:四宮ひまわり

・お気に入り回:6話「健次郎があかね達の友情パワーを強化しようとするけどとんでもないことになる話」
web拍手 by FC2

テーマ: 見たアニメの感想 - ジャンル: アニメ・コミック

アニメ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。