07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

かがとびっ

秋になり また 冬になり ひとつ年をとった

コーチ2人も選手登録!そしてようこそナックル姫! 

8月14日ミリスタにとって驚くべきニュースが報じられました。
山出芳敬コーチと深澤季生コーチが選手登録!これで森監督とともにベンチ全員が臨戦態勢に入りました。
深澤コーチは昨年まで現役だったので大丈夫だと思いますが、山出コーチには4年間のブランクが…。内野守備陣の守備があまりにも拙いので見てはいられなくなったのでしょうか?
まあ44歳の投手兼営業や38歳の投手兼監督がいることを思えばまだ常識的かもしれませんが。
この時点で登録人数は上限の27人に達し、これで今シーズンの人事異動は終了したかと思ったのですが、次の日の地元紙朝刊にさらなるサプライズが!

「ナックル姫 吉田えり 石川ミリオンスターズ入団!」

マウイ・イカイカに所属していた吉田選手の入団が決定しました!
シーズン開幕前にはないわけではなかった話ですが、マウイ戦を観に行ったときの5回終了後の木田さんと吉田選手の会話を聞く限りそんな気配は全くなかったので驚きでした。(ミリスタ取締役・佐野”ピッカリ”重樹氏は熱烈なラブコールを送っていましたが)
吉田投手は先日の信濃戦では5回3失点、もちろん人気面では大いに、戦力としても多少は貢献してくれると思います。

しかしこれで登録人数が27人を超え1人を切らざるを得なくなりました。その犠牲なってしまったのが篠崎投手。現状は敗戦処理と代走が主な出番で確かに結果は残ってはいなかったのですが、まだ1年目の若い選手。鍛えてうまくいけば今年の上條投手のようにブレイクできたかもしれないだけに残念でした。
篠崎投手お疲れ様でした。新天地で野球を続けられるならば応援します。

これでここ1カ月前後でミリスタに入団、ミリスタを退団した選手をまとめると

IN   ハモンド、サンチェス、山出、深澤、吉田
OUT 佐藤、翔太、タッカー、篠崎


他球団でもいろいろ動きはありましたが一番激しかったのは間違いなくミリスタです。
育成という面では大いに疑問は残りますが、戦力アップ・集客力アップの面では確実にプラスだと思われます。ただここまでの荒療治をしたのですから、試合では絶対に勝つ!勝てなくても最後まで絶対にあきらめない!という気持ちが見えないと逆効果だと思います。シーズンも終盤、恥ずかしい試合をしてはいけない強い信念を持って戦ってほしいです。

頑張れミリスタ
web拍手 by FC2

テーマ: 野球全般 - ジャンル: スポーツ

投打がなかなか噛み合わず。 

ハワイのチームとの試合が終わり、BCリーグも通常営業に。

とこのタイミングで、昨シーズンミリスタに所属し、今シーズンよりNPBオリックスへ移籍していたハモンド投手が残念ながら、戦力外になりミリスタに復帰しました。ハモンド選手にはもう一度NPBを目指してミリスタで活躍してほしいです。
そしてもう一件、マウイ・イカイカとのトレードが行われ、タッカー投手がマウイへ、マウイからはサンチェス内野手が入団しました。タッカー選手お疲れ様でした。

8月9日 五十公野
新潟9-5石川 投手陣崩壊で敗れるも、森監督が快投!

タッカーがいなくなったということで、この日の先発は久々の高。
入団直後のサンチェスは早速、5番一塁手で先発出場、2安打3点と活躍した模様です。
しかし例によって投手陣崩壊!高、中川が炎上し、火消しに出てきた松山のところでタイムリーエラー!重症です。
しかし7回に松山の後を受けた森監督が三者連続空振り三振!復活をアピールしました!
結局、後期の新潟戦はこれで最後。0勝4敗と現時点でのチーム力の差を見せつけられました。

8月10日 弁慶
石川3-0信濃 上條、好投!完封リレーで快勝!

4000人を超す観客を集めたこの試合。石川先発は先日、先発でも行けることを証明した上條。
その上條が絶好調!初回エラーからのピンチを三振で切り抜けると、あとは三振の山を築きます。
7回2アウトまでノーヒットピッチング。ここでレフトへのツーベース・四球で降板しますがナイスピッチでした。
あとはマルティネス・帰ってきたハモンド・木田さんで完封リレー!
打線はきっちり3点を取り久々の快勝だったようです。
上條が先発として定着できそうなところが大収穫です。
問題は守備。この日も3失策を記録したようです。

8月11日 美浜
福井13-9石川 首位攻防戦、乱打戦で敗れる!

この日の先発は、このところ勝ち星がついていない南。
この日も不調だったようで早々と炎上、降板。続く中川も炎上。4回までに11失点と試合を作れません。
それでも打線は奮起。特にバルデスは2本塁打にツーベース1本とよく打ちました。
しかし前半のビハインドは大きく4点差で試合終了。
ゲーム差なしで並んでいた福井に単独首位を許してしまいました。
この日もエラー1、記録に残らないまずい守備もあったようで課題は残ります。

この後ミリスタに大規模な人事異動が行われましたが、それについては次書きます。

頑張れミリスタ
web拍手 by FC2

テーマ: 野球全般 - ジャンル: スポーツ

ハワイのチームとの対戦 

今月初めに金沢市民野球場で、米独立リーグのマウイイカイカ・ハワイスターズとの試合がありました。

8月1日 金沢市民 (観戦)
石川3-8マウイ パワフルな打線の前に敗戦…。4連敗…。

ハワイのチームを迎えての一戦ということで、試合前にフラダンス・金沢学院東高校のチアリーディング・加賀豊年太鼓によるプロモーションが行われました。
石川先発は最近不調続きのタッカーでした。
この日もボークを取られたり、カウントを取りに行った変化球を狙い打ちされたりと復調の気配なし。
鋭いスイングで外野まで打球を飛ばすマウイ打線はBCリーグにはないもので新鮮でした。
3-7とされた7回辺りで雨が強くなってきたため球場から逃げるように退散。そのあとに森監督の2試合目の登板があったようでしたが連打に死球など不調だった模様。
結局8回無死満塁のチャンスも生かせず4連敗になりました。
カゴメの野菜ジュースとアサヒのカクテルパートナーをゲットできたのが収穫でした。

8月3日 金沢市民
石川0-7新潟  被安打16・失策4の惨敗!5連敗…。

石川先発はエースの南だったのですが…。
タイトルの通りの完敗。こちらは散発5安打。もはや書くこともない一方的な試合だったようです。

8月4日 金沢市民
石川1-7新潟 先発・上條の頑張りも、なすすべなく6連敗…。

石川先発はこれまで左のリリーフエースとして頑張ってきた上條が満を持しての初先発。
新潟先発は豪華投手陣の中でも一番安定しているエース寺田。
というわけで試合前から敗色濃厚だったこの試合ですが、上條が5回途中2失点と何とか試合を作ります。
しかしリリーフ陣が炎上、高・松山・マルティネスといったところがそろってダメだったようです。
打線も3回の1点のみ、失策も1あり、2試合連続で力の差を見せつけられた格好となりました。

8月4日 金沢市民 (観戦)
石川8-6ハワイ 雨天コールド!ルールのおかげで連敗脱出!

この日も、太鼓・チア・フラによるプロモーションがありました。
この日の石川先発は中川。地元の期待の星です。
一方のハワイスターズは日本に来てここまで勝ち星なしということで、BCリーグの他チームとの差をつけられないためにも、負けられない一戦になりました。
先発中川は2回6失点と試合を作れず降板、打線は3回裏に4点を返し、5回裏にも連打に四球エラーも重なり4点返し逆転!さらに一死満塁になったところで三塁への走塁のアウト・セーフをめぐり両チームの抗議のため試合が中断、そこにゲリラ豪雨が襲来し試合続行不可能に。5回裏終了していなかったためノーゲームまたは5回表まで成立ということでそこまでの結果でハワイの勝ちかと思いきや、6-8で石川の勝利のアナウンスが!
BCリーグのルールに試合は5回終了をもって成立する。5回表終了時点でホーム球団がリードしている場合は、試合が成立したものとみなす。とありこれに該当するため勝ちになったようです。(今でもよくわかりませんが)
何はともあれ、連敗は6でストップで球団ワースト記録を塗り替えずに済みました。
さらにはこの時点では北陸地区のゲーム差なしの首位に立っていました。
まずは勝率5割、そして前後期完全優勝に向けて気持ちを切り替えていかなければならないと思います。

頑張れミリスタ
web拍手 by FC2

テーマ: 野球全般 - ジャンル: スポーツ