05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

かがとびっ

秋になり また 冬になり ひとつ年をとった

ナナマルサンバツ QUESTION 85 感想 

当記事は6/4発売のヤングエース7月号掲載『ナナマルサンバツ』QUESTION 85の感想です。
コミックウォーカー派や単行本派の方にはネタバレとなりますのでご注意を。

全国大会SQの1Rはとりあえず波乱なく、文蔵及び文蔵と関係の深いチームもすべて勝ち残り、いよいよ2R開始。
2Rのルールは限定50問のリレー形式。各自持ち点1からスタート。早押し1問正解で1ptずつ追加。4人の点数の積が100以上になったすべてのチームが勝ち抜け決定。
細かいところは大野さんと笹島が解説してくれるので割愛。

まずは死の組、第一組がスタート。
これまでの実績となんとなくのイメージから実力は
開城>ルイージ>宮浦≧樟女>麻ヶ丘>>北海南といったところか。

開城は 近衛→柴田→大蔵→深見(兄)の順番かな?
ルイージは リーダーの南しか名前がわからん。
宮浦はおそらく 御来屋→江住→梅本→芦屋の順番。
樟女は 真堂(姉)→真堂(妹)→もう一人→悠来の順番か
麻ヶ丘は 九条→上月→朝比奈→苑原(姉)の順番で間違いなさそう。
北海南は おそらく一人の名前も出ることはないだろう。

テンポよく問題が進んでいき、横一線のスタートの後、飛び出したのは宮浦・御来屋。
丁度、全チームが第2走者にバトンを渡したところで今号分は終了。
ポイントは 宮浦6pt、麻ヶ丘4pt、開城3pt、ルイージ3pt、樟女3pt、北海南2pt。

宮浦は残り3人で、3・3・2ptでクリアできる。江住・芦屋が2問ずつ答えるとして、梅本は1問だけでOKの計算。これはさすがに有利。
麻ヶ丘は残り3人で、3・3・3ptでOK。上月がブレーキにならなければもしかするといけるかも。最終的には苑原(姉)vs樟女・悠来が最後の1枠を懸けて対決しそう。
3pt組の3チームは残り3人で4・3・3ptが必要。誰に4pt(3問)答えさせるかがカギになりそう。
北海南は残り3人で4・4・3ptでも届かない。5・5・2、5・4・3、4・4・4のいずれかのポイントが必要。この時点で脱落決定だろう。

最終予想 開城→宮浦→ルイージ→樟女(ここまでの4チーム通過)→麻ヶ丘→北海南

ついでに第二組予想
実力は、これも何となく、
帝山・河>>帝山・森>近クイ≧文蔵≧北Q部>>桜川という感じか。

通過予想は、帝山・河→帝山・森→文蔵(ここまでの3チーム通過)→北Q部→近クイ→桜川
ただこちらの組は天満兄弟や北Q部が、苑原(弟)のようなルールのスキを突いた戦いをするはずで、帝山・森チームあたりが危ないかも。

そして文蔵はどんなオーダーでいくか、予想は、深見(妹)3pt→越山4pt→井上2pt→笹島5ptの120pt通過。

ものすごい数の登場人物が出てくるこの漫画、作者の人を描き分ける画力が素晴らしいので、ストレスなく読めてます。
これが『キャプテン翼』の…いや、もはや何も言うまい。



web拍手 by FC2
漫画  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top