02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

かがとびっ

秋になり また 冬になり ひとつ年をとった

原生林&光る 

昨日の続き…
次いで小4のころ運動会で踊った歌
覚えている歌詞(○部分失念)

・一題目
一つの種が芽を吹いて幾十日 幾十年 幾世紀
林になった 森になった 緑は酸素の製造工場(こうば)
風が吹く 緑が○○○ 雨が降る 緑が○○○
果てなく広がる 原生林に ○○○○○○○○ ○○○○○○

・二題目
人間たちが 木を切って 幾十日 幾十年 幾世紀
砂漠になった 街になった 埃を巻き上げ車が走る
風が吹く 崩れる山よ 雨が降る 溢れる川よ
切られてしまった 原生林に 真夏の嵐が襲い掛かる

・三題目
一つの種が芽を吹いて幾十日 幾十年 幾世紀
以下失念(最後に転調し、歓びの歌のようになる。)

なにぶん30年近く前にしかも踊っただけの歌である。
よくここまで覚えていたものだ。
そして少ない手がかりから発見。たぶんこれ↓の原生林が正解。


次に小6のころ連合音楽会でうたった歌

・一題目
光る 光る雲は 僕らの仲間
走る 走る雲は 僕らの目当て
見上げればまぶしくて 峠の上は 空ばかり
光る 光る雲の峰
その果てまでも 駆けていこう

・二題目
光る 光る木々は 僕らの○○○
匂う 匂う木々は 僕らの○○○
見上げれば高々と 梢の先は 天を指し
光る 光る木々の蒼
豊かに匂う 今日の日が

これは歌っただけあって結構覚えている。
だが、ネット上でこの歌の情報を発見することはできなかった。
ネットに落ちている情報はほぼ無限だと思っていたが、
流石にそんなことはなく、人の記憶から消え去ると、
永遠に取り戻せないものもあるのだ。

言いたいことは2つ、
・自分の脳内をアウトプットしないともったいない!特に自分しか知らない情報は。
・石川県民は歌の1番、2番を、一題目二題目と数える!
web拍手 by FC2
雑記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagatobi.blog.fc2.com/tb.php/75-3ebb0f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top